楽天スーパーセールで活躍!1,000円おすすめ品

ワンストップ納税のやり方を解説【楽天ふるさと納税】

楽天ワンストップ納税
この記事でわかること

・楽天ふるさと納税でワンストップ申請をする方法
・ワンストップ申請に関してよくある質問

について解説しています。

・ふるさと納税をしたいけど手続きが大変そうだから一歩を踏み出せない
・改めてワンストップ納税について確認しておきたい

ふるさと納税をしようと思った時、はじめての時はもちろんでしたが、何度かやっても手続きが心配だったりしました。

そこで、1度手順をまとめてしまえば2回目もそれを参考にすればいいじゃん!ということで、細かくワンストップ申請を利用したふるさと納税のやり方をまとめました。

ふるさと納税はとてもお得な制度なので、この記事を読んで1人でも多くの方が利用してお得な生活につなげてくれたら嬉しいです。

ワンストップ納税の前に、そもそも楽天ふるさと納税の使い方を知りたい方はこちらが参考になります。

あわせて読みたい
【初心者向け】楽天ふるさと納税のやり方 この記事でわかること ・楽天ふるさと納税のやり方・楽天ふるさと納税のメリット(他のサイトとの違い) について解説しています。 楽天市場からできるふるさと納税が「...
タップできる目次

【ワンストップ納税】ふるさと納税のやり方を説明します!

ここではワンストップ納税を利用する場合のふるさと納税のやり方を解説していきます。

STEP
シミュレーターで自分の寄付上限額を確認

ふるさと納税には寄付上限額があります。
楽天ふるさと納税では年収、家族構成、扶養家族を選ぶだけで簡単に寄付上限額の目安を知ることができますので、まずは上限額を確認してみてください。

寄付上限額を確認する

STEP
楽天ふるさと納税に移動する

以下のリンクから楽天ふるさと納税に移動します。

楽天ふるさと納税

STEP
寄付先と返礼品を選ぶ

寄付先と返礼品を選ぶには次の5つの方法があります。

①ランキングから人気商品を見つける
②ジャンルから欲しいものを探す
③金額で選ぶ
④寄付したい地域から選ぶ
⑤商品名で検索する

今回私は「梨」が食べたかったので検索ボックスで梨と検索しました。

STEP
品物を選ぶ

色々な金額のものや種類が出てくるので自分の寄附金額にあったものを選びます。

STEP
必要事項を記入する

寄付を申し込むを押す前に必須事項を確認します。

次の3つの必須項目が用意されている場合が多いです。

1.注文者情報を住民票情報とみなすことへの合意
2.寄付金の用途を選ぶ
3.ワンストップ納税を希望するか

このときに必ず「ワンストップ納税を要望する」にチェックをしてください!

ワンストップ納税を要望するをチェックし忘れても、ワンストップ特例申請書はあとからダウンロードできるので安心してください。

STEP
内容に同意し買い物かごにすすむ

内容を確認したら「内容に同意し買い物かごにすすむ」を押して次へ移動します。

STEP
購入手続きをする

返礼品の内容、ステップ⑤で確認した必須項目、金額等を確認したら購入手続きをします。

支払いはクレジットカードはもちろん、楽天ポイントで決済することも可能です!

STEP
寄付した自治体からワンストップ申請書が届く

自治体から以下の書類が入った封筒が届きます。

・ワンストップ特例申請書
・寄付証明書
・返送用封筒

ワンストップ申請をする場合は寄付証明書を使用しませんが、万が一確定申告をすることになる可能性もあるので年度内は保存しておきましょう。

STEP
ワンストップ特例申請書を記入する

・住所の確認
・マイナンバーの記入
・名前の確認
・押印
・申告の特例の適用に関する事項の2つをチェック

書類で確認と対応することは上記だけです。申告の特例の適用に関する事項の2つは

・確定申告をしない
・寄付した自治体数が5以下

であることを確認する内容です。2つとも該当しない場合はワンストップ納税はできないので注意してください。

STEP
必要書類を準備する

ワンストップ納税には特例申請書に加えて身分証明書の提出が必要です。

身分証明書はいずれかのパターンで用意してください。

パターン1

マイナンバーカードのコピー(表と裏)
※通知カードはNG

パターン2

・通知カードのマイナンバーが記載されている面のコピー
・運転免許証またはパスポートのコピー

パターン3

・通知カードのマイナンバーが記載されている面のコピー
・健康保険証、国民年金手帳、寄付する自治体が認める公的書類の中から2つのコピー

STEP
返送用封筒に書類を入れて投函

記入したワンストップ特例申請書と上記いずれかのパターンの身分証明書類を自治体に返送します。

自宅に書類が届く際に返送用封筒も入っていますので、その封筒に入れてポストに入れればOKです。

STEP
これにて作業完了!

ワンストップ申請はこれで完了です。翌年の住民税から寄付額-2,000円の金額が控除されます。

お疲れさまでした!

ここまでの12ステップがワンストップ申請をする場合のふるさと納税の手順のすべてです。
もし何かわからないことが問い合わせかSNSでご連絡ください!

楽天ふるさと納税の人気返礼品を見てみる

ワンストップ申請に関してよくある質問

特例申請書はいつまでに提出すればいいですか?

寄付をした自治体に翌年の1月10日必着で提出する必要があります。

ふるさと納税は年末じゃなくてもできるの?

1月1日~12月31日まで可能です。ただしワンストップ申請をしたい場合は12月に注文すると間に合わなくなるケースもあるので早めにふるさと納税を終わらせるのがおすすめです。

寄付先が5つを越えてしまった場合どうすればいいの?

確定申告が必要ですので忘れずに対応するようにしてください。

確定申告する人はワンストップ納税できない?

確定申告をする人はワンストップ申請をしていても、確定申告時にふるさと納税を申告する必要があります。

ワンストップ申請はいつからできますか?

寄付が完了したあとならいつでもできます。ただし翌年の1月10日までと期限は決まっているので注意してください。

申請書類が正しく受領されたか知る方法はありますか?

直接自治体に問い合わせをする必要があります。

楽天ふるさと納税でワンストップ申請をすれば簡単&お得!

楽天ふるさと納税でワンストップ申請をすれば

・楽天で買い物をするように返礼品を選んで寄付
・寄附金額に応じた楽天ポイントをもらえる
・ワンストップ申請で書類も楽々

と簡単にふるさと納税を完了できます!

寄付は楽天ポイントを使って支払いもできるので、楽天ポイントが余っている方は楽天ふるさと納税に使うのもおすすめですよ。

楽天のふるさと納税に関してはなにかわからないことがあれば、お問い合わせやSNSからご連絡ください!なるべく早くご連絡させていただきます。

楽天ふるさと納税の人気返礼品を見てみる

保存はこちらから
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる